ケアステーションおおの
 
 
 
ケアステーションおおのは、介護保険法に基づく「指定居宅サービス事業者(福祉用具貸与)」の指定をうけています。
■福祉事業部
1. 指定福祉用具貸与事業
2. 特定福祉用具購入事業
3. 住宅改修事業
4. 福祉用具の斡旋、販売事業
 
 
 
指定福祉用具貸与サービスは介護保険適用の指定居宅介護サービスです。
必要な福祉用具が手軽な料金(レンタル料の1割負担)でレンタル利用できます。
 
■レンタル利用できる福祉用具の種類
 介護保険で福祉用具サービスの対象となっている福祉用具の種類は、次の通りです。
  ■レンタル料の取り扱い
介護保険ではレンタル料の9割が介護保険から支給されるので、利用者の自己負担額は毎月のレンタル料の1割と安価です。
レンタル契約後、毎月みえ福祉サービスに自己負担額をお支払いいただくだけで、必要な福祉用具を必要な期間利用できます。もちろん、購入契約でなくレンタル契約なので、契約後のレンタルの中止や機器の変更など自由にできます。お手軽にご利用ください。
(例)電動車いすのレンタル利用の場合
レンタル料月額20,000円の内、介護保険から 9割(月額18,000円)支給されるので、利用者の自己負担金は1割(月額2,000円)ですみます。
・車いす(電動式を含む)及び付属品
・特殊寝台及び付属品
・ じょく瘡予防用具、 体位変換器
・てすり、スロープ、 歩行器
・歩行補助つえ
・痴呆性老人徘徊感知器
・移動用リフト
   
 
■特定福祉用具購入の種類・品目
 介護保険で福祉用具の購入ができるのは次の品目です。
  ■特定福祉用具購入の費用と自己負担
介護保険により福祉用具を購入する場合は、自己負担1割で福祉用具が購入できます。購入できる金額は1人年間10万円までです。
福祉用具の購入の場合は、いったん費用の全額を支払った後、申請により9割分が介護保険から払い戻される償還払い方式となります。
(例)ポータブルトイレの購入の場合
購入価格22,000円のポータブルトイレを購入した場合、介護保険から9割(19,800円)支給され、自己負担額は1割(2,200円)となります。
・腰掛け便座(ポータブルトイレ等)、
・特殊尿器、 入浴補助用具
(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、 入浴台、浴室内すのこ、浴槽内すのこ)
・簡易浴槽、移動用リフト(釣り具部分)
   
 
■介護保険が適用される住宅改修の種類
 介護保険で住宅改修費の支給を受けることができるのは、次の種類の住宅改修です。
  ■住宅改修の費用と自己負担
介護保険での住宅改修の支給限度額は原則1人1回20万円までとなっています。例えば、段差解消のためスロープ工事を20万円で行った場合は、自己負担額が1割(2万円)となります。
住宅改修の場合も、いったん工事費用の全額を支払った後、申請により9割分が介護保険から払い戻される償還払い方式となります。
○手すりの取りつけ
○床段差の解消工事
○滑りの防止及び円滑化のための床材の変更工事
○引き戸への扉の取り替え工事
○洋式便器などへの便器の取り替え
○その他上記工事に伴う付帯工事
   

ケアステーションおおのへの交通アクセスはこちらからどうぞ。
ケアステーションおおのへのお問い合わせはこちらからどうぞ。